小田急、和泉多摩川に踏切があったころ

スポンサーリンク
過去ポジ・小田急
スポンサーリンク

つい先頃代々木上原から登戸までの複々線化が完了した
小田急小田原線。
私が一番利用していたのは大学生だった1986年から1990年まででしたが
ちょうど本格的な工事が始まる直前だったようです。
勝手知ったる路線ですから
卒業後もちょくちょく工事の進捗を記録しておりました。
多分今後もろに工事中のカットが発掘されると思いますが
それはそれでちょっと期待しておきましょう。
今回出てきた過去ポジは
和泉多摩川にあった踏切のカットです。

画面右側に写っている架線柱のゴツさから想像するに
この右側はもう高架複々線が完成していたようです。
ですが
多摩川を渡る鉄橋はまだまだ未着手状態。
その工事完了区間と未着工区間との境目にあったのが
この踏切のようです。
こうやって切り取ると
もっともっと昔に撮ったと言っても通じてしまいそうな光景です。
今も各地にありますよね
堤防上を走ってきた道路と
鉄橋を渡り終えた線路との踏切。
このちょっとした長閑さ、いいですよね。
平成初期の頃には都内でもこんな光景が見られた。
今回の収穫です。

おそらく1997年ころ
小田急小田原線 和泉多摩川〜登戸
おそらくcanonEOS-1NHS EF70-200mmF2.8L USM

スポンサーリンク
過去ポジ・小田急
スポンサーリンク
oridonをフォローする
RAILRAILRAIL

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク