かもめ旅(4)ちょっとローカル路線バスの旅

スポンサーリンク
JR九州
スポンサーリンク

さて
新幹線に脱皮する直前の特急「かもめ」に会いにいく旅。
博多から乗車し
佐賀、肥前山口と歩を進めてきました。

降ります。

終点までは乗りません。
全区間乗車は最終日のお楽しみ♪

降りました。

博多で乗り込む時あまりの混雑に
まじまじと見る余裕がなかったので
ようやく下車駅で885系の横っ腹を拝めました。
・・・こうしてみるとまるで航空機・・・
でもこういうところはやっぱり特急電車。

発車していく最後尾も見送りましょう。

おぉ
やっぱり流線型の特急車両はカッコいいですねぇ。
え?
ここはどこだ?って?
はい
ここです。

肥前鹿島です。
西九州新幹線開業後
長崎まで走っていた在来線特急はここ止まりとなります。
「かささぎ」でしたっけ?
そのうち馴染んでいくのでしょうか。
私が到着したのは13時少し前だったのですが
この時間帯、窓口業務はやってませんでした。
特急の始発終着駅となっても変わらないんでしょうか・・・?
さて
ここから
ある撮影地まで路線バスの旅となります。
駅前の祐徳バス鹿島バスセンターに行ってみました。

古くからの建物と
新しい設備とが
仲良く同居していて興味深いです。
ははぁ
ここで乗車前に交通系ICカードにチャージできるようです。
ということは
Suicaでも乗れるということか(@_@)
地方のバスに乗るときは大抵小銭をじゃらじゃら持ってくるのですが
今回はあっさり不要となりましたw。
でもまぁ
せっかく運賃表があるので
どれだけ引き去られるのか確認しておきましょう。

なるほど。
私の目的地は¥710-でした。
IC現金どちらも同額のようです。
こんな感じの乗り場がいくつもあって

頭上にこんな案内が出ていました。

ここから竹崎港行きに乗車します。
13:20発です。

鹿島バスセンターから乗ったのは
自分と地元のおばぁちゃんの2人のみ。
街を抜ける前に
おばちゃん1人と女子高生1人が乗ってきて
瞬間最大乗車人員は4人となりました。

後述のお2人はあっという間に降りてしまい
有明海を横目に行くバスの旅は少々寂しい道行きとなりました。

おぉ
潮、引いてるなぁ・・・。
各駅停車ローカル路線バスの旅、
ちょっと太川さん蛭子さんっぽくなってきたかしらん?(^ ^;;www
乗車すること約30分。
ようやく今回の旅の最初の目的地に辿り着きました。

多良と肥前大浦の真ん中あたりにある
破瀬の浦。
ここでしばし撮影タイムとなります。
つづく!

2022年9月10日
長崎本線 肥前鹿島
祐徳バス 鹿島バスセンター 他
canonEOS R5 RF24-105mmF4L IS USM

スポンサーリンク
JR九州
スポンサーリンク
oridonをフォローする
RAILRAILRAIL  毎日鉄道写真とともに!

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク