京成

スポンサーリンク
京成

スカイライナー送込み回送、霧の中から

暑かったかと思ったら霧が出て冷え込んだり、なんだか天気までGWらしくない感じ。早朝散歩のついでにささっと朝練。霧の中から現れるAEもいつもと違うGWに戸惑ってるんじゃないでしょうか。
京成

京成・船橋駅、高架化前の光景

高架化されてもう15年近く経つ京成船橋駅。その高架化前、工事中のカットが出てきました。過渡期ならではのカット。再撮影不可能カットだらけでした。この光景、覚えてる方どれくらいいらっしゃるかな?
京成

スカイライナー減便開始、ウイルス禍どこまで・・・

スカイライナー減便のニュースが流れてきました。飛行機飛ばなきゃお役目果たせませんからねぇ・・・。来るべき活躍の時に備えた休養の時、そう考えましょう・・・
スポンサーリンク
京成

夜明け間近の空のもと in 京成津田沼

運動不足解消のための早朝散歩。人が動き出す前に、人とすれ違うことの無いように。3時台に起きて4時台に歩いてます。その隙に撮ったスナップカット。本当はもっと時間かけてどっしりと撮りたいですけどね。今はこれが精一杯。
京成

輝く明日に続くレール

自宅待機な日々です。まだ人が動き出す前の早朝散歩が日課になりつつあります。その際の「ついでカット」、今の貴重な撮影活動です。時間は上手に使わなきゃ、ね。
京成

京成谷津駅、4月11日の早朝

運動不足解消の苦肉の策・早朝散歩。目標は誰ともすれ違わないこと。そしてその合間にAEの送り込み回送を撮ること。毎日日の出前後1時間の課題です。
京成

スカイライナー、青砥に停車開始

乗客減著しい昨今においての増収施策の一環だと思います。スカイライナー青砥停車。吉と出るよう祈らずにはいられません。
京成

京成3500形、窓開け運転中

最近よくお目にかかる窓開け運転。今ぐらいの季節だからいいですけど、1月2月だったらちょっとキツかったかもですね。
京成

京成3000形、ピエロ公園の桜と

昼間は子供たちの歓声であふれる公園も、夜も更けてから行ってみるとおっさん一人っきりwww。一人静かにお花見してきました。走り去る電車から私の姿が見えたか見えなかったかwww
京成

AEイブニングライナー、今日も家路を急ぐ

フレックス早帰りだったので自宅近くでライナー撮影。定刻通りやってきましたが、心なしか空席が多かったような・・・。「いつも通り」というのはどこに行っちゃったんでしょうか・・・?
京成

AEイブニングライナー、闇の中でもレールを照らす

志村けんさんの訃報を聞いた今日。それでも未来を照らす光が欲しくてこんなカットを撮ってました。未来は絶対照らし出される。そう信じてのカットです。
京成

3月29日雪が降りました in 京成津田沼

雪の3月29日、10分だけ外出してきました。家から線路が近くてよかった・・・あ、そういう問題じゃないかw。とりあえず雪が降った証拠を押さえました。
京成

AE・モーニングライナー、10年目の春

まもなく10周年を迎えるAE。5周年の時も特別装飾ありましたから10周年ももちろん・・・www。期待して待ってますw。
京成

谷津〜京成津田沼、地元の桜も咲きました

名所に出かけるのもいいですが、結構地元にも素晴らしい光景があるものです。数年前に撮ったことがあったのを思い出し行ってみると・・・咲いてましたよ、桜!
京成

そして朝はやってくる 京成津田沼にて

震災から9年後の朝の翌日、当たり前のように明けた朝の空のカットを見て、思ったことを綴りました。
京成

最近増えてる「京成」表記(2)京成上野ver

見るたび増えてる京成車両の「京成・・」表記。ま、確かに日暮里と幕張本郷、千葉、空港以外はみんなJRとは離れてますからねぇ・・・。文字がいっぱい。なんとなく見にくいかも・・・
京成

大佐倉、土曜の昼間のこの光景

早朝訪れることの多かった京成大佐倉駅。この日は珍しく真昼間の訪問となりました。昼間だといつも見えていなかったところがよく見えますねw
京成

京成3000形、酒々井の駅を遠くに臨み

通い慣れた大佐倉ですが、普段とは違う立ち位置から撮ってみました。あえて隣駅・京成酒々井(の屋根)をも取り込んでみました。見えてるけれど実際に歩いてみると・・・
京成

最近増えてる「京成」表記

いつの頃からか進行し始めた「京成**」の表記。車両の行先表記に「京成」を出していたのは新京成だけだったんですが、京成本体側でも「京成臼井」や「京成上野」表記が確認できています。さて、どこまで広がる???
京成

水辺のAE、鹿島川を渡る

何度も言ってて恐縮ですがニュータウンをかっ飛ばす「スカイライナー」としての姿もいいですが京成本線をゆったりといく「モーニングライナー」「イブニングライナー」としての姿にも心惹かれます。なんといっても風景のバリエーションが豊富ですも...
スポンサーリンク