小田急

スポンサーリンク
小田急

小田急の地下トンネル、赤・青・黄色

地下トンネル内ってなかなか撮るのが憚られることが多いのですが、この場所は各駅停車のみの運行となっていてインターバルがそれなりに長かったので、容易に安全を確保して撮ることができました。デジタルテレコン(2倍)を使用して安全な場所から撮ってます。手振れ補正はCよりOか?そんなことも検証できちゃった、トンネル内撮影でした。
小田急

トンネルの中のトンネルから出てくるEXEα

たまたま気まぐれで飛び降りた小田急東北沢駅。なんと、トンネルの中にトンネルの出口があることに気づきました。下北沢の重層化がここで平準化される、ということなんでしょう。こんな光景が展開しておりました。大学時代地平にあったこの駅を4年間見ていましたが、急行線と緩行線の位置入れ替われど、人がいない長閑さは変わってないですねw
小田急

小田急5000形、なかなか来ないと思ったらいっぺんに来ましたw

なかなか会えていなかった小田急新5000形。やっと会えた!と思ったら2編成いっぺんに来やがりました(^ ^;;極端なんだよなぁw。なんとなくE233系がベースになってそうな顔つきですが、これからはこれ系の顔が増殖していくのでしょうか???各駅停車も10連が増えてきた最近の小田急。しばらく来ないうちに随分と変わりました。
スポンサーリンク
小田急

小田急の青いロマンスカーと赤いロマンスカー

小田急のロマンスカーというといまだにあの複雑な塗装を思い出してしまうのですが、今はそれも連接車も過去のものになってしまいました。今は色とりどりなロマンスカーが活躍する時代。今回はその中でも青と赤に着目して撮ってみました。複々線をかっ飛ばす姿は見ていて気持ちいいですね。最後の最後で晴れたのはツイてましたd( ̄  ̄)
小田急

2種類の小田急30000形、EXEとEXEα

リニューアルが始まって銀色α化が進行中の30000形EXE。最終的にはみんな銀色になっちゃうんでしょうか???写真的には、どの色が正しいのかいまだによくわからないんですが、オリジナルカラーの方がなんかしっくり落ち着くような感じがします。善行在住時に毎日お世話になってたEXE。今度はもっと郊外で撮ってみるか・・・。
小田急

VSE、運転士さんはこうして運転席に乗り込む

小田急ロマンスカーの2階運転席への運転士さんの乗り込み光景。NSE、LSE、HiSE、そしてVSEと4車種通して思い出してみても実際に運転士さんが潜り込むところを見たのは今回が初めてだったかもしれません。乗客に最高の環境を提供しつつも自らは窮屈なところに潜り込むという。ある意味究極のサービスですよね。貴重な光景でした。
小田急

VSE、定期運行最終日ということで・・・!

今まで撮ったVSEの写真のなかで、印象深かったのがどれだろうか?そう思ってHDの中身をひっくり返していたら・・・あった!ありました!追いかけてくるVSEを各停の最後尾から捉えた写真が。まだ梅ヶ丘から新宿方が複線だった時代の産物です。複々線になって進路が開けた特急が猛追しかけてくるという興味深い光景。よく撮ってなぁ・・・
小田急

VSE、Thanks!ヘッドマークの掲出始まる(3)リベンジ編

もうすでに何回目の挑戦なんでしょう?なかなかに写真に写りにくい小田急ロマンスカーVSEのThanksヘッドマーク。何がかんだ言って一番最初に撮ったのが一番よく見えてたりしてw。ここまで自己主張してこないヘッドマークというのもなかなか珍しいんじゃないでしょうか?さぁ残されたチャンスをモノにできるか?運試しは続きますwww
小田急

今宵はVSEとともに(4)えのしま2号本鵠沼通過

夜が更けてから単独運行の初便が発車する上りの特急「えのしま」。平日の上りえのしまは併結EXEとこのVSEの2本のみ。希少な列車になってしまっていたんですねぇ・・・。観光地江ノ島もさすがに平日は通勤需要の方が大きいということか・・・?。そんな変化に驚きながらもかつての居住地・本鵠沼で去りゆくVSEを捉えました。
小田急

今宵はVSEとともに(3)夜の片瀬江ノ島に佇む

VSEのホームウェイに揺られて夜の片瀬江ノ島までやってきました。会社帰りによくやりますわ我ながら(^ ^;;藤沢市民だった頃帰路に乗ったえのしまは色々な車種が充当されてましたが、VSEだけは充当されてなかったんですよねぇ・・・。10年越しでコンプリートの夢が叶いましたw。これには間に合ってよかったです、本当に・・・。
小田急

今宵はVSEとともに(2)ホームウェイに乗車

箱根に行けなければ江ノ島に行けばいい。まるでマリーアントワネットみたいな発想のもと、初のVSE長距離乗車に挑んでみました。新宿発車時点では満席!でも相模大野でガラガラになるという・・・以前はもっと藤沢まで乗ってたよなぁ・・・と思いつつ江ノ島線を行くVSE車内を観察。もう葬式フィーバーは始まってます。行く方はお覚悟を。
小田急

VSE、Thanks!ヘッドマークの掲出始まる(2)

サヨナラヘッドマークを掲出し始めたVSE。モーニングウェイで到着する姿を捉えた後、今度は「はこね」として新宿を出発する姿を捉えました。色合いが淡くて日陰での撮影だとなかなか難しいです。側面も捉えましたが、これはまた再履修決定だなぁ・・・(^ ^;;都会を行く姿もいいですがやはり野山を背景に行く姿を捉えねばなりませんね。
小田急

EXE、オリジナルカラーとの邂逅

いっとき(10年前)大和〜新宿で毎日通勤でお世話になっていたEXE30000形。もうすっかり「EXEα」になっちゃったもんだと思っていたのですが、まだまだオリジナルカラーの編成も残っていたのですね。仕事では虐げられていた時代でしたが、通勤環境だけは史上最高の快適な時代でした。あぁ選択肢のある小田急はいいなぁ・・・。
小田急

VSE、Thanks!ヘッドマークの掲出始まる(1)

デザインは前もってHPで確認していましたが、やはり現物・本物は見てみないとわからない、そんなことだらけでした。誰もこんなところからは撮らんだろう。そう決め込んだ場所から超望遠で狙い撃ち。あぁ色が淡くて現像の段階でリカバリーするしかありませんでした。が。それでも色、淡いわぁ・・・。今後の宿題をいただいたような気分でした。
小田急

今宵はVSEとともに(1)新宿駅入線を見る

ちょうど退社時間後にVSEが見れることがわかりました。なら見ておかなきゃw。というわけで1つ前の記事で「はこね」をお見送り。そしてもう1本。「はこね」で上ってきて「ホームウェイ」で下っていくところも見ておこうかと。新宿駅、もう結構な数のギャラリーが出没し始めてます。静かに見送るなら早いうちがいいとお見受けしました。
小田急

VSE、EXEを見送る小田急新宿駅特急ホーム

イラストと現物の2ショット・コラボ。これができる場所ってなかなかないのでは???と思って小田急新宿駅の特急ホームで挑戦してみました。今話題沸騰中のVSEとたまたま目の前にいたEXEαのコラボ。結果は・・・まぁええやん(おいおいおい)。次発のMSEでリベンジのおまけ付き。ガチ撮影もいいですがたまにはこんなのもw
小田急

VSEはこね37号、その後ろ姿を見送る・・・

山手線の西側に行くのが億劫に感じられている昨今。でも西を行くVSEはなんとか拝みたい。ということで、仕事帰りにサクッと撮りました。仕事場から徒歩5分w。横着にも程がありますねwww。撮ったのははこね37号。箱根湯本まで一直線。今はロマンスカーしか直通しないから箱根湯本の文字も見る機会が減ったように感じてます。
小田急

VSE、酒匂川を行く姿を見下ろして

引退までのスケジュールが公になった小田急ロマンスカーの雄・VSE。ここに来て実は1回(しかも短区間)しか乗っていなかったことが判明。まぁ今から乗ろうとは思いませんが・・・混み混みでしょうしねぇ・・・。今週末からはやくもエンジェルメークが施されます。ここまで来たら静かに静かに粛々と見送ろうと思います・・・。
小田急

さよなら2021年、さよならVSE、すっぴんの君は美しかったw

早くも大晦日、本年最後の更新です。さよならの話題で持ちきりのVSEをサクッと撮ってきました。新宿に行かないと小田急見れませんからねぇ・・・(T^T)なんの装飾も施されていないスッピンのVSEを観れるのもあとわずか。きれいなお顔を拝んでRAILRAILRAIL2021年のシメでございます。来年も御笑覧くださいませ。
小田急

10年前の3.11、電気について考えさせられた機会でもありました

物的被害はそれほどなかったけれど、電気なしの不便さを思い知らされた。今考えるとそこについて考えさせられる機会になっていたのかな、と。他にも色々あるとは思いますが、今朝の起き抜けの頭では、まず電気のことが頭に浮かびました。今も電気なかったら何にもできないじゃん・・・。そこに気付けただけでもまだいいのか・・・?
スポンサーリンク