いすみ鉄道

スポンサーリンク
いすみ鉄道

いすみキハ28・キハ52、丸見えだったりお隠れだったり

キハ28の引退アナウンスがあってから、沿線の人出が増えたように感じるいすみ鉄道沿線。そうなると変な輩も増えてくるのが世の常。でもね、流行り病的な人は時が過ぎればいなくなる。本当に好きな人は普段から地道に撮ってるし、その後も残る。早くこの騒ぎがおさまらんかな。ちょっと前までの静かな何もないいすみ沿線が私は好みです。
いすみ鉄道

いすみキハ28、上総東到着・出発・接近

超望遠でキハ28を撮ってみたくてこの場所に立ちました。立ち位置が狭いので誰か来たらちょっと苦しくなる場所。幸いにもいつも通りの貸し切り状態で迎撃することができました。ただでさえゆっくりな急行がより一層ゆったりと走っているように感じられました。急ぐことを求められない急行。そんな急行も終わってしまうのか???さてさて・・・
いすみ鉄道

いすみキハ28、深い緑から出ずる

千葉での活躍も結構長くなっていたいすみ鉄道のキハ28。ついこの間来たと思っていたのに、もう10年近く経っていたんですねぇ。撮ることに夢中でついぞ乗ること能わず?ま、乗らずに終わってしまうのもまたいいのかなとも思っています。ロケハンはできている。あとは撮るだけ。次回も無人の撮影ポイント探して東奔西走になりそうです。
スポンサーリンク
いすみ鉄道

いすみキハ20、緑あふれるS字のカーブを辿る

曇天でなかなかモチベーションが上がらなかったこの日、ここのS字カーブを見つけてようやく火が入りました(^ ^;;なんのことはない、有名撮影地に背中を向けた場所でした。逆転の発想?いやいやそんなかっこいいもんじゃなく単なる天邪鬼ですw。ヘソが曲がってた方がいろいろ気付ける?がっぷり四つばかりじゃ技は磨けん?ははは楽しかw
いすみ鉄道

いすみキハ28、定期運行終了の報・・・

千葉に来てからもう10年近く経っていたんですね、いすみ鉄道のキハ28。自分よりも年上の車両がまだ頑張っていたこと自体驚きですが、やはり国鉄製の車両は丈夫で長持ちなんでしょうか。かつては日本中どこでも乗れた急行型ディーゼル車。そんな車両が地元・千葉で終焉を迎えることに感慨深いものを感じます。最後の日までどうぞ安全運行で!
いすみ鉄道

いすみ鉄道、棚田棚田な田園風景

何度か通っていた場所だったのですが、この雑草の向こう側はどんな光景だべ?この日はなぜかそう思って、脚立を引っ張り出してみて正解でした。田んぼはあちこちで見ることができますが、千葉の線路ぎわで棚田を撮ったことなかったなぁ。この日のひらめきに感謝。この日の晴天に感謝。連休じゃなくてもそれらがシンクロすればそれだけで幸せです
いすみ鉄道

いすみ鉄道沿線で見た今年の桜、桜、桜・・・

今年は久しぶりに桜風景を撮ったなぁ感を得ております。今回はいすみ鉄道沿線で見ることができた桜風景。例年なら標準ズームで撮ってたんでしょうけれど、今年は新兵器・望遠ズームが手元にありました。というわけで随分久しぶりの望遠ズームだけによる今回の記事です。おかげで誰もいないところでばかり撮ることができました。これはいいわ♪
いすみ鉄道

いすみ300型、色とりどりの桜の回廊をいく

この日、平日なのに東総元西側の超有名スポットは密密な状況でした。そんな場所で撮るのは絶対ごめんなこの私。数百m移動しただけでこんなに咲き誇っててだーれもいない場所を見つけてしまいました。探し回ってよかった・・・。今年の春でいちばんな咲き誇り状態を撮ることができました。極楽極楽♪だけど今年の運、使い切ったな(^ ^;;
いすみ鉄道

いすみ350型、早くも水の張られた田を横目に

国鉄色のキハ20の記事が続きましたが、今回はいすみ鉄道オリジナルの黄色いカラーの350型がやってきました。少し雲が出始めてグレイな風景になりかけていたのですが、黄色い車体がワンポイント加えてくれる形となりました。水面も曇ると難しいですね。さて、早苗が植る前にもう一度チャレンジできるか否か?今年はここに通うかもしれません
いすみ鉄道

いすみキハ20、花咲く里を行く(3)

つい梅の木にばかり気を取られていて、危うく足元の菜の花をスルーしてしまうところでした(^ ^;;春のいすみの沿線といえばやっぱり菜の花だよなあ、と今さらながらに感じたこの時。地べたに座っての撮影でした。見頃としてはまだまだこれから?撮りたい場面もまだまだたくさん。人が出てくる前の早朝撮影でまたお会いしたいと思います。
いすみ鉄道

いすみキハ20、花咲く里を行く(2)

1つ前の記事とほぼ同じ場所なのですが、ちょっと立ち位置を変えて撮ってみました。今度は花よりもカーブに着目。地形をトレースするように敷かれている線路は見る角度で表情が変わるから興味深いです。新幹線だとトンネルドカンでぶち抜いちゃうでしょうから(^ ^;;平坦に思われがちな房総。いやいや結構勾配区間が点在しておりまする。
いすみ鉄道

いすみキハ20、花咲く里を行く(1)

普段何度も通っていた場所。ちょうどこの日は梅の木が見頃を迎えていました。朝早かったこともあって、同業の方ゼロ(^ ^;;小心者なのでこういう状況でないと伸び伸びと撮ることができません。それにしてもいすみ鉄道、通るたびに発見がある、ということは今後もまだまだ撮り甲斐がある、ということですなw。また来週も行ってみようかし?
いすみ鉄道

いすみのキハ52&28、梅の花の向こう側をいく

久しぶりにキハ52とキハ28を撮りました。狙ってたわけじゃなくたまたまこの時間に当たったという。いつもは走り出す前に一仕事終えて撤収しちゃってましたからねぇ・。それにしても人が多い。今回は危なっかしい人見なかったけど、何よりも安全第一。写真撮らせてもらうなんてあくまでもおまけの行為でしかないんですから。肝に銘じましょ。
いすみ鉄道

いすみ350型、春近しな横顔、ピンクに染まる?

春の花の季節に備えて、少し下見をしておこうか?そんな気分で繰り出したいすみ鉄道沿線。桜の枝々はまだまだ枯れ枝状態でしたが、もう早くもピンクに染まっている枝もありました。花の名前わからんけど(^ ^;;この日花らしい花はここだけでしたが、間違いなく春は近づいてるなと実感することができました。温度が上がる今週末、さてさて?
いすみ鉄道

いすみのキハ、20と52、パッと見分けつく???

いすみ鉄道のキハ52とキハ20。並んでいるところを見たのは初めてでしたが、こんなにもそっくりな両車だとは思いもしませんでした。いやいや、これはなかなか貴重な発見だわw。次回は機関区内ではなく、営業線上での離合や併結シーンを見てみたいものですね。車両のバラエテイに富む路線ならではの楽しみ方をまた1つ見つけた気がしました。
いすみ鉄道

いすみ350型、深い緑のトンネルから飛び出す!

色の違い以外での手段で車両を目立たせようと思い、相変わらずヘタクソな流し撮りをやってみました。いつ以来だろ?基本的な手法なのに相変わらず難しいです。それゆえ決まった時の快感ったらないですけどね(^ ^;;千本ノックならぬ千本流し撮り?いやいや、カメラが壊れる前に私が壊れますわwww
いすみ鉄道

いすみ300型、小谷松の紫陽花横目に

毎年恒例、小谷松で紫陽花を見てきました。今年は咲き始めの頃合いだったようで、まだまだ葉っぱの方が目立ってるような状況。でもまぁいつも先初めの頃は逃しちゃってましたから、今年は今年での記録ということでいいのではないでしょうか。と言いつつ次の休みに観に行こうかとも画策してたりしてwww
いすみ鉄道

黄色い菜の花・黄色いいすみ350型、春のいすみは黄色づくしな光景が待っている

のどかな沿線の撮影時は人の喧騒とは無縁でいたいな、と思います。毎日ロングシート10連の満員電車に揺られていると、ガラガラの単行ディーゼルに惹かれていきますわ。自分にゃ都会暮らしは向かないなぁ・・・新宿のビル群を見上げるたび思うこと数度。やはり私は地べたで菜の花と戯れてる方が心和みますわ(^ ^;;
いすみ鉄道

いすみのキハ20、ささやかな紅葉と

房総の紅葉は遅いのをわかってたはずなんですが・・・いすみ沿線はなかなか難しいです。11月月初でしたからやっぱりまだ早かったかな。色々と思いつく場所はありますが、今回はここでしか秋色を見つけられませんでした。いすみは春だけじゃないぞ、というところをやりたいのですが、まだまだ修行が足りませんでした(^ ^;;
いすみ鉄道

いすみのキハ、刈入れ後の田を行く

コロナ禍以降千葉県内でばかり撮ってた私ですが、いすみのあたりでさえ遠いなぁと思うような世界の縮まりをやらかしてた昨今。やはり「足伸ばし」は必要ですね。普段見ないカラーは脳味噌を刺激してくれます。刺激の少なかった2020年。ちょっとシビれることやらなならないようですw
スポンサーリンク