京成3600形、オリジナルカラーで復活

スポンサーリンク
京成
スポンサーリンク

青帯剥がし
6両編成化
つまり登場時のオリジナルな姿化
ということなんでしょう。
京成3600形が帰って来ました。
初登場が私が高校生の頃(昭和50年代)ですから
長寿の部類に入るのでしょうか。
あちこち人が出ていましたが
そこはそれ地元の利。
絶対混まない場所で撮って来ました。
まずは第1弾。
撮った順番的には一番最後なのですが
一番わかりやすいカットを。

八千代台までの運転を終えて
宗吾に改装されていくシーンです。
随分とスッキリしましたねぇ・・・。
3500形もそうですが
京成のステンレスカーは元々こうだったのです。
人間の記憶って曖昧なものです。
ちなみについ最近まではこの姿でした。

同じ3688です。
こうして並べてみるのもまた一興ですね。

2020年8月1日
京成本線 京成臼井〜京成佐倉
canonEOS R EF24-105mmF4L IS Ⅱ USM

スポンサーリンク
京成
スポンサーリンク
スポンサーリンク
oridonをフォローする
スポンサーリンク
RAILRAILRAIL

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク