過去ポジ・JR北海道

スポンサーリンク
過去ポジ・JR北海道

深名線、1994年7月の思い出(7)朱鞠内駅旅立ちまでのひととき

深名線シリーズ、とうとう第7弾にまでなってしまいました。この頃は免許持ってなかったので駅撮りばかりですね。今だったらしつこく沿線撮りまくるところでしょうけれど・・・。でも車内からの光景とか、乗らなきゃ絶対見れない光景も多々得られてますので、この時はこれが正解だったのだと思います。さぁあと1回?www
過去ポジ・JR北海道

深名線、1994年7月の思い出(6)intermission佇むキハ53-500

ちょっと小休止。深名線シリーズ、あとは深川に向かうだけなんですが・・・。朱鞠内駅でキハ53-500を色々撮ってたので載せておきます。本当人がいなくて撮りやすかったですわ。これくらい静かに見送らなきゃいかんですよね。温故知新です。
過去ポジ・JR北海道

深名線、1994年7月の思い出(5)次の列車まで5時間待ち

深名線シリーズも第5弾となりました。丘の上から撮ったり、隣の仮乗降場みたいな駅まで歩ったり、真夏の朱鞠内で結構アクティブに動いていたようです。若かりし20代の私も写ってますが笑ってやってください(^ ^;;コロナが収まったら北海道、行きたいですわぁ・・・
過去ポジ・JR北海道

深名線、1994年7月の思い出(4)朱鞠内駅うろうろ

深名線の旅第4弾です。唯一途中下車した駅・朱鞠内。人がいないのをいいことに色々撮ってました。廃線間近な路線でもそんなに人はいなかったんですねぇ、この時代は。ま、最近が騒ぎすぎ&集まりすぎなんですわ。おかげで静かに堪能できました。さて次回は周辺散策。まだまだ続きます。
過去ポジ・JR北海道

深名線、1994年7月の思い出(3)名寄から朱鞠内へ

深名線シリーズ第3弾、いよいよ乗車です。ボックスシートで窓全開、夏の北海道の風を浴びながらの旅路だなんて、まぁなんて贅沢♪四半世紀前の自分、いい旅してんじゃんwwwコロナじゃなければすぐにでも行きたいとこですわ。あ、今は大雪か・・・
過去ポジ・JR北海道

深名線、1994年7月の思い出(2)

四半世紀前の深名線の旅、名寄側からスタートです。まずは乗車したキハ53-500のカットから。改造で誕生した特徴のある車両でした。この大きな窓を開けて雨竜路を辿ってた・・・はずなんですが、あまり記憶に残ってないんですよねぇ・・・。再訪して記憶を呼び覚ましたいところです。
過去ポジ・JR北海道

深名線、1994年7月の思い出(1)

今はなき深名線のポジが出て来ました。1994年、そのころ私は20代(^ ^;;技術はともかく「おぉっ!」と思うカットがたくさん出て来ました。今では再撮影不可能なものばかり。玉手箱かパンドラの箱か!?これからじわじわ出していきます。さて、何回分になりますやら・・・
スポンサーリンク