キハ40、函館本線砂原回りの旅

スポンサーリンク
JR北海道
スポンサーリンク

函館本線の七飯から森までは複数のルートがあります。
大沼を交点とする8の字型。
よーく時刻表を見ないと
自分の乗ってる列車がどこを通っていくのか分からなくなりますね。
特急利用だと定期ならば仁山・駒ヶ岳経由、
各駅だと藤城線や渡島砂原を経由する場合があります。
新函館北斗を通らない各駅停車もあるんですね。
地元の方は自分の乗る時間帯のはこれ経由だ、とご存知でしょうけれど
たまに通る旅行者はボーッとしてたら大変ですwww

よく見ると普段通ることのないルートを通れるので
そこは旅行者の特権とでも言いましょうかw。

今回八雲から新函館北斗まで各駅停車で戻ることにしたのですが
時刻表を辿ると、
なんと!自分的には未乗区間だった砂原周りではないですか!
こりゃたまらんwww
ということで、その車窓風景です。

鹿部。
実はここに来るまで雪に埋まったホームを目にすることがなかったのです。
ほんと今年の冬はどうしちゃったんでしょうね・・・?

ここで下り列車との交換がありました。
本数の少ない区間だったので交換風景は期待してなかったのですが・・・
あぁなんて運がいいんでしょう。
なーんて思ってたらあっという間に新函館北斗。

大沼から唯一まとまった乗車がありました。
板を担いだ人、インバウンドな人。
それでも単行に収まってしまう程度というのがちょっと寂しかったですが・・・
新函館北斗で降りたのは自分も含めて2〜3人。
ここで降りないということは函館までの通しなんでしょうか・・・。
ちょうど15分くらいで上りの新幹線に接続するのに
これはちょっと拍子抜けでした。
この日は金曜日でしたから
平日だとこんなもんなんですかね・・・・。
降りた人数以上の人を取り込んで発車していった函館行きキハ40。
まだまだその活躍は続きそうです。

2020年2月14日
函館本線 森〜新函館北斗車中
OLYMPUS OM-D EM-1mkⅡ M.ZUIKO12-100mmF4

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク