京成津田沼、夜明け前の彩り劇場

スポンサーリンク
京成
スポンサーリンク

夜景に逃げるな
というお話を聞いたことがありましたが
それでもやはり
たまに暗闇の中の光景を撮ってみたくなるものです(^ ^;;

人が大勢いるところは苦手なわたくし。
そういう観点で考えると
夜よりも早朝の方が人の出は少ない。
というわけで
夜間撮影よりも早朝撮影が自然と増えるわけです。

自宅至近の京成津田沼です。
時刻は5時を少々回ったくらい。
下りの一番列車となるべく
引上げ線から3番ホームに3000形が静々と進んでいきました。

引上げ線用の出発合図灯?が車体に反射して
無機質なステンレスの車体が一瞬華やぎました。
数分後
今度は上りの二番列車の後を追っていく
スカイライナーの送り込み回送が1番線に姿を現しました。

踏切の照明で一瞬顔面?が照らされると
おぉ
團十郎ラッピングじゃありませんか!
こりゃまた朝から彩り鮮やかなことで。
そういえば
最近このラッピング、見ていません。
元から短期間の掲出だとのアナウンスがありましたから
登場からはや1ヶ月
もう終わってしまったんでしょうか・・・
さてさて
最後の彩り光景はこちらにしました。

地上はまだまだ夜の装いでしたが
東の空は
太陽の露払いの如く
空を赤く染め始めて、朝になる準備を着々と進めておりました。
太陽がお出ましになる前の夜明け前の光景
なかなか魅惑的ではありませんか。

2022年11月18日
京成本線 京成津田沼
canonEOS R5 RF24-105mmF4L IS USM

スポンサーリンク
京成
スポンサーリンク
oridonをフォローする
RAILRAILRAIL  毎日鉄道写真とともに!

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク