名鉄岐阜市内線の旅(6)忠節橋目指して勾配登る電車たち

スポンサーリンク
名鉄岐阜市内線
スポンサーリンク

1998年名鉄岐阜市内線の旅。
名鉄揖斐線との結節点である忠節駅を目指して
ひたすら歩いていた若かりし頃の私(^ ^;;
やはり歩くとシャッター数増えますねぇ。
全部ご紹介していくと
なかなか次の名鉄揖斐線の旅パートに入っていけません。
というわけで
終点間近のハイライト・忠節橋に向かって登っていく電車たちです。
まずは登山口?あたりで撮ったカット。

画面奥が勾配のピークとなる忠節橋です。
国道の標識と一緒に撮ると
あぁ路面電車だ♡
の感が強まりますねw。
振り返ると先ほど見送ったモ510形が早くも折り返して来ました。

こんな電車が普通に道路を走ってる。
うひゃあ、かっこいい♪
ここから望遠使ってしばらく坂の上り下りをしつこく撮ってたようです。

遥か彼方にちんまりと。
そして

おそらく秒6コマ撮れるEOS-1NHSを使ってたと思うのですが
デジの今ほど激しい連写はしてなかったみたいです。
もっとも
路面をいくスピードの車両をそんな連写で撮ってたら
フィルムが何本あっても足りませんわ(^ ^;;
モ570形の次はモ780形がやって来ました。

あぁ
路面電車撮影あるある。
目の前の自動車被り。

反対方向からやって来た対向電車は被らず撮れましたが・・・

やはりこちらに向かってくる姿を捉えたいですよね。
さぁ
次回はいよいよ忠節橋を渡ります。
あぁ
また被られた・・・(T^T)

1998年秋
名鉄岐阜市内線 西野町〜早田
canonEOS-1NHS EF200mmF2.8L USM
EF20-35mmF2.8L

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク