名鉄美濃町線の旅(1)スタートは馬面電車に揺られて

スポンサーリンク
名鉄美濃町線
スポンサーリンク

1998年秋の名鉄600V線の旅。
岐阜市内線、揖斐線、谷汲線と回って来ましたが
今回はいよいよ東方面に路線を巡らす美濃町線です。
ただし
今回はこの翌年に廃止が決まってしまった末端区間
新関〜美濃だけを重点的に撮っておりました。
実はこの訪問の4年前(1994年)にも美濃町線にはお邪魔しておりまして
その時はもっと手前の区間でも撮ってたのですが
今回はもうすでに3線区回って疲れちゃったんですかね(^ ^;;
的を絞った撮影行になっておりました。

その3線区を撮り終えて岐阜市内に泊まったんだと思います。
翌日の朝、新岐阜(当時)のカットから始まっておりました。

新岐阜駅にあった美濃町線直通電車用のホームに佇むモ600形。
こんな狭小車体なのに車内はオール転換クロスシートだという。
さすが名鉄!
千葉から来ると感動もんの車両でした。
ところで
今このホームはどうなっちゃったんでしょうね。
この南側にある各務原線のホームはさすがに現役でしょうけれど・・・。

コロナが収まったら確認しに行けばいいやwww
さて
これ途中の野一色までしか行きませんからどこかで乗りついたんでしょうね。
とりあえず乗り込んだようです。

あれ?
モ600形の車内だと思ったら
もうモ590形の車内???
右端に微かに確認できるのは
元札幌市電のモ870形のように見えるんですが・・・
どこで乗り換えちゃったんだろ???
この次のカットはもう終点美濃でした。
・・・ショートカットし過ぎだって(T^T)

さてさて
ここから歩いて新関まで戻ったようです。
次回からはその道中をご覧いただきます(^ ^)

1998年秋
名鉄各務原線 新岐阜(当時)
名鉄美濃町線 美濃
canonEOS-1NHS EF20-35mmF2.8L

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク