夜明け前の大佐倉の築堤、一番電車がたどる頃

スポンサーリンク
京成
スポンサーリンク

久しぶりに今の写真ですw。
緊急事態宣言がずーっと出っ放しの今年の夏。
遠くへ遠征することも憚られる状態でしたので
大佐倉や小湊沿線にばかり繰り出しておりました。
住んでる千葉県内だからギリギリ許容範囲内ではないかと(^ ^;;

同じ場所に通っていると
季節の変化に気づきやすくなりました。
ちょっと前まで4時台の1番電車の頃でも
太陽は随分と高いところにいたものでした。
ですが
最近
特に9月に入ってからは
東の空に雲が出ていたりすると
夜明けがただでさえ遅くなり始めているのに
さらに遅くなったように感じられる日も出てきました。
そんな日に撮った宗吾参道始発の上り京成上野行き1番電車。

「夜景です」
ってしれっと言ってしまえばそれで通ってしまいそうな光景。
朝なんですよ、これ。
信号もこんな感じ。

この10数分後にやってくる
1番のAEスカイライナーの送り込み回送。

時刻は4時50分過ぎくらい。
かなり明るくはなってきましたが
まだまだ前照灯が存在を誇示していますねw。
わざわざ「1番の送り込み回送」と言ったのは
この後1番のモーニングライナーの直後にも
もう1本「2番の送り込み回送」があるからなんです。
モーニングライナーは4本あるけれど
スカイライナー用AE形は6回も目の前を通る。
あぁ
なんてお得・・・。
今回のカットは
全てRF50mmF1.8STMで撮りました。
最近のデジカメはISO10000とか40000とか平気で設定・使用できますが
それでもやはりレンズの開放値に制限かけられます。
私が最も使うのはF4のズームですが
やはりF4だと暗い時結構キツイです。
そこで最近ではこのF1.8のレンズが活躍してくれるわけです。
昔フィルムの時代にカメラを買うと
大体標準で付いてたのが50mmのF1.4か1.8でした。
だから皆いやでも50mmを使いこなすところから始めてたわけですが
今の時代は50mmはわざわざ後から買うレンズになってしまったんですねぇ。
標準レンズ、じゃなくて、オプションレンズ。
自分的にはRFレンズでは初の単焦点レンズ。
昼間の時間がどんどん短くなるこれからの季節。
いい相棒になってくれそうです。

2021年9月4日
京成本線 京成酒々井〜大佐倉
canonEOS R RF50mmF1.8STM

スポンサーリンク
京成
スポンサーリンク
oridonをフォローする
RAILRAILRAIL  毎日鉄道写真とともに!

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク