成田山開運号、2022年1月の運行終了!(1)

スポンサーリンク
京成
スポンサーリンク

昨年2021(令和3)年の大晦日から運転を開始した
今年の成田山開運号。
大晦日&1月の土日祝日の運行
というお触れの通りであれば
1月30日の運行が本年最後の運行、ということになります。
以前も述べましたが
今年2022(令和4)年は
営業運転時よりも回送時での撮影が多くなってしまっておりました。
あぁ
早起き習慣人間(^ ^;;
でもね
日の出直後くらいの光線状態って魅力的なのですよ。
というわけでこの日も朝も早よから大佐倉でカメラを構えていました。

朝靄の中、迫りくる送り込み回送。
こうして見る限りは営業運転時と何ら変わるところはありません。
さらに引き付けて・・・

今年のヘッドマークはシンプルなものに戻っていました。
令和四年、この表記だけが目新しい部分でした。
振り返って後ろ姿も。

大佐倉を0710頃に通過。
上野に送り込まれて
0907発の成田山開運号となります。
さぁ
今日はどれだけの方々を成田山まで運んでいくのでしょうか?
最終日の模様、もう1回やります。
つづく!

2022年1月30日
京成本線 京成酒々井〜大佐倉
canonEOS R5 RF100-500mmF4.5-7.1L IS USM

スポンサーリンク
京成
スポンサーリンク
oridonをフォローする
RAILRAILRAIL  毎日鉄道写真とともに!

コメント

  1. kamekame0903 より:

    毎回楽しみに拝見させて頂いております。京成好きで私も大佐倉と酒々井の間のポイントは良く行きます。
    お正月の成田山開運号は毎年楽しみに撮影しています。来年はこの場所で是非撮影したいと思っています。朝の送り込みは周りの雰囲気が魅力的ですね。

    • oridonoridon より:

      kamekame0903さん
      コメントありがとうございます。
      開運号の季節が終わってしまってからでごめんなさい。
      大佐倉近辺みたいに開けている場所もなかなか見つからなくなってきました。
      来年もぜひここで開運号撮りたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク