水辺のAE、鹿島川を渡る

スポンサーリンク
京成
スポンサーリンク

何度も言ってて恐縮ですが
ニュータウンをかっ飛ばす
「スカイライナー」としての姿もいいですが
京成本線をゆったりといく
「モーニングライナー」「イブニングライナー」としての姿にも心惹かれます。
なんといっても風景のバリエーションが豊富ですもんね。
スカイアクセスルートじゃ
こんな水辺の光景は難しいんじゃないでしょうか?
時間はちょっとかかるけど
私は本線ルートの光景の中をいくAEの姿が好きです。
朝と晩にしか会えないのが玉にキズですが
その時間の方が光線状態がドラマチックで写欲が湧きます。
今から陽が伸びていくのが楽しみです。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク