芦原温泉で681+683系サンダーバードに出会う

JR西日本

北陸本線を西に向かい、芦原温泉までやってきました。

平日水曜日だったんですが
乗降客、多いですねぇ。
新幹線が停まるようになるのも納得、という感じでした。
その新たな駅舎はもうほぼ完成しているよう。

でも11月現在では、
従来からの駅部のみを使用しているようでした。
さて
ここから大聖寺まで移動しようと思っているのですが
各駅停車しか停まらないので
特急を何本も見送りながら列車を待ちます。
すると
ようやく「サンダーバード」に出会えました。
今回の旅では最初からなぜか「しらさぎ」にばかり出会ってましたからねぇ。

お、
なんか「しらさぎ」用の編成とは顔つきが違いますね。
本来グレーであった運転席周りが真っ黒です。
1枚目の青い細帯・サンダーバード用681系とも
ちょっと違うようです。
調べてみたらリニューアル編成のようですね。
引き締まった感があってなんだか強そうにも見えますw。
大阪方の3両は681系でしたが
後ろに続く9両は683系でした。

スカートの横に車番の記載があったので
判別の役に立ちました。

こうしてみると両系列の外観上の区別をつけるのは
なかなか難しいですね。
では
出発をお見送り。

やはり対大阪の需要の方が多いんでしょうか
このサンダーバードは12両編成でした。
一方で
この日見かけたしらさぎは6両編成であることがほとんど。
この後やってきた金沢行きのしらさぎは
681系による6両編成でした。

今の在来線特急は柔軟に編成長を変えることができたりしますから
姿形で需要の高低がわかってしまいますね。
さて
次回は大聖寺へ移動します。

2023年11月22日
北陸本線 芦原温泉
canonEOS R5 RF24-105mmF4L IS USM

コメント