683系サンダーバード、新幹線高架と雪山を背に

JR西日本

西に進んでいた北陸本線の旅。
芦原温泉まで来たところで折り返すことにしました。

やってきたのは大聖寺。

お城の跡があったり
加賀市役所の最寄り駅だったりで
風格のある駅構内。

かつては加賀温泉郷への玄関口として
雷鳥・しらさぎも停まっていたそうですが
加賀温泉駅の方が偉くなっちゃって
現在は上りのしらさぎが2本と
平日のみのおはようエクスプレス・おやすみエクスプレスが
細々と停車するのみ。
そして
もっと驚いたのが
無人駅
であるということ。
それでも改札を出てすぐのパン屋さんとか(美味しかったです)
駅員さん以外の人は結構いました。
調べてみたら
加賀市が駅舎を入手していろいろ手を加えているようです。
さらに
もう1つ驚いたのが
ここが新幹線延伸後に
IRいしかわ鉄道とハピラインふくいの境界駅になる
ということ。

冷静に考えたら
どこの3セクも
「え?こんなところが境目?」
というところが多いですもんね。
さて
ここからエッサホイサと歩きだしました。
目指すは隣駅加賀温泉。
・・・何キロあるんだろ・・・

ここかなそこかなあそこかな
と迷走しつつ
こんな場所に辿り着きました。

大聖寺川を渡る683系サンダーバード
その上をいく北陸新幹線の高架
さらにその上をいく冠雪した山々(三童子山か鞍掛山か・・・)
次の雪の季節には
ここで見ることができる車両は変わっているんでしょうね。
ちょっと感慨深く撮った光景でした。

2023年11月22日
北陸本線 大聖寺〜加賀温泉
canonEOS R5 EF70-200mmF4L IS USM

コメント