名鉄岐阜市内線の旅(3)揖斐線直通のモ510形と遭遇

スポンサーリンク
名鉄岐阜市内線
スポンサーリンク

1998年名鉄岐阜市内線の旅。
新岐阜駅前から歩き始め、徹明町の交差点で進路を西に変えました。
かつてはこの交差点を直進する路線もあったとか。
そちらの路線は廃止年が1988年とか。
うわ
大学3年の頃じゃないか!
気がついてれば来れてたのかも・・・あぁ後の祭り(T^T)
なくなっちゃったもんはしょうがない。
今ある路線を堪能しましょう。
ということで進んでいくと・・・
あの「怖い電停」で客扱いしている電車に出会いました。

おぉ!
モ510じゃないですか!
今回の旅のお目当ての1つに早速出会えてしまいました。
正面の5枚窓
戸袋の丸い窓
そして車内は転換クロスシートという
特徴だらけの名車でした。
この先頭方の512は美濃駅跡に
後ろの513はJR岐阜駅前にそれぞれ保存されてるとか。
ということは
今でも残っているということか!
これはぜひ再会を果たしたいですね。
コロナが収まったら必ず会いに行くからなー。
待ってろよ・・・もとい、待っててくださいw
ちなみに
この後も何カットかこのモ510形が登場します。
お楽しみに(^ ^)

1998年秋
名鉄岐阜市内線 おそらく金町?
canonEOS-1NHS EF20-35mmF2.8L

過去ポジ・名古屋鉄道
「過去ポジ・名古屋鉄道」の記事一覧です。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク