1994年7月スーパー北斗いざ札幌へ

スポンサーリンク
過去ポジ・深名線の旅・往路
スポンサーリンク

1997年7月深名線を目指す旅、
前回まででようやく北海道上陸、というところまで来ました。
いよいよ北海道内の移動が本格的に始まります。
ここまでの道中はこちらからご覧ください。
https://railrailrail.xyz/東京駅東北新幹線ホーム、1994年まだ1面しかなか/
https://railrailrail.xyz/1994年7月東北新幹線「やまびこ」に乗って、いざ北/
https://railrailrail.xyz/1994年7月賑やかなりし盛岡駅在来線ホーム/
https://railrailrail.xyz/1994年7月津軽海峡線「はつかり」の車窓から%E3%80%82そし/
https://railrailrail.xyz/1994年7月は〜るばる来たぜ函館!駅周辺とホームの/
東北新幹線がまだ盛岡止まり。
青函ルートも在来線だった。
そんなルートを辿っての函館入りでした。
さて
ここからは当時の最新ディーゼル特急・スーパー北斗で札幌を目指します。

調べてみたら
このキハ281系の運転開始が
この年1994年の春だったそうで。
私の乗ったのが7月ですから
おそらくまだ新車の匂いが残ってたのではないでしょうか。

僚友たちを横目に函館を出発です。

あ、
わずか3時間の道のりとはいえ
準備に怠りはありません(^ ^;;

今は内地でも容易に手に入るようになった
サッポロクラシック。
当時はまだ珍しかったと記憶しています。
さてさて
本題の車窓に参りましょう。

内浦湾の風景を楽しむためや
単線複線の状況を把握するため
進行右側の座席を押さえていたようです。
早速興味深い光景。
高架の右カーブを辿っています。
俗にいう藤城線区間。
北海道新幹線が開通して渡島大野が新函館北斗となるまでは
下りの特急は皆こちらのルートを通っていたのではなかったでしょうか。
勾配緩和の新線ですからまぁ当然といえば当然ですね。
・・・だからか・・・
昨年2020年に新函館北斗から八雲まで261系北斗に乗ったのですが
大沼までの風景がなんだかあんまり見覚えがないなぁ・・・と感じたのは
新幹線開業後に特急の通過ルートが
この藤城線ルートではなく
仁山・渡島大野(新函館北斗)を通る
本線経由に改められてしまっていたからだったんですね。
それまでここを通ったのは
このスーパー北斗や北斗星に乗ってた時でしたから
その違和感の答えに合点がいきました。
今では特急からはみることができない光景、ということですね。

再び大沼でルートが合流。
そしてまたルートが二手に分かれます。
特急列車が選ぶのは大沼公園経由のルート。
その大沼公園を通過します。

ややあって
ふと右手を見ると・・・

道南の絶景・駒ヶ岳が見えました。
しかしまぁ・・・いいとこに電柱が入っちゃって・・・
デジだったら即撮り直していたんでしょうけれど
フィルムではそれも叶わず・・・・。
まぁ味のある電柱ということで(^ ^;;

再びルートが合流すると
海沿いの森に到着。
その直前DD51の牽く貨物の姿が見えました。

つい最近DD51引退のニュースを見ましたが
ほんとかつては日本中でその活躍が見られたものでした。
我が地元・総武線でも走ってましたもんね。

さて気分転換。
スーパー北斗の編成最後部に行ってみたようです。

北海道の特急車両では
高運転台を備えた先頭車両でも
増結を可能とするためみな貫通扉を装備しています。
そこに窓がありその間近まで入れたんですよね。
そこから去りゆく線路を捉えていました。
ここ
北斗星をはじめとした寝台特急が
朝日をギラギラ浴びながら海沿いのカーブをいく
あの名撮影地のあたりではないでしょうか???
違うかな???
この頃はまだ先頭部もこういう光景が楽しめたかと思いましたが
いつだったか
スーパーカムイか何かが衝突事故を起こしてから
先頭部は立ち入り禁止になってしまったんですよね・・・。
安全対策上仕方ありませんが
なんとも残念なことです。
今も継続されているのでしょうか・・・?

最後部展望台wから自席に戻る途中
こんなコーナーがありました。

喫煙コーナーでしょうか。
ちょっとした個室風。
私はタバコは吸いませんが
ここ、タバコ臭くなければちょっと佇んでみたくなったりして。
今もあるんでしょうか?

さて
だんだんと日が暮れてきました。

苫小牧につきました。
向こうのホームには日高本線の車両が見えます。
この当時は様似までの全線で普通に運転されておりました。
まさかこの後
災害がきっかけとはいえ
廃止に向かって行ってしまうとは・・・。
コロナが片付いたら
残った区間だけでも訪ねていきたいです・・・。

というわけで
約3時間の行程を経て
道都・札幌に到着です。
ここでも降車完了を待って
空っぽ光景を押さえていました。

今では北海道もステンレス車体の車両が増えましたが
当時はまだ珍しかったのではないでしょうか。
横っ腹も撮ってました。

さぁ
ここから北へは夜行列車で向かいます。
これに乗って向かいますが
続きは次回!
https://railrailrail.xyz/category/過去ポジ・深名線の旅・往路/

1994年7月
函館本線車中、函館、苫小牧、札幌
canonEOS5 EF20-35mmF3.5-4.5 USM

※深名線の模様はこちらからどうぞ。
https://railrailrail.xyz/category/過去ポジ・深名線の旅・本編/

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク