1994年7月早朝の音威子府での夜行急行「利尻」撮影会w

スポンサーリンク
過去ポジ・深名線の旅・往路
スポンサーリンク

1994年7月深名線を目指す旅。
いよいよ乗車当日になりました。
が!
今いるのは深名線の乗換駅・名寄の先の音威子府です。
札幌から夜行急行利尻に乗ったのですが
名寄の到着が丑三つ時すぎた(^ ^;;
というわけで
もうちょっと時間の下った(といっても3時台でしたが・・・)
長時間停車の音威子府まで行ってみた次第です。
https://railrailrail.xyz/1994年7月夜の札幌から夜行急行「利尻」で旅立つ/
https://railrailrail.xyz/1994年7月夜行急行「利尻」で音威子府へ/
さて
音威子府です。

キハ40を改造した車両でスハネフ14寝台車をサンドイッチした編成。
この日は先頭の稚内方にカーペット車?がつながっていたようです。
たしかこの塗装、そうですよね・・・?

下車したのは私以外誰もいない構内に
カランカランとディーゼルエンジンのアイドリング音が響いていました。
それでも寝台車は寝静まったまま。

スハネフだから発電用エンジンも唸っていたはずです。
夜明け前の駅ではそれくらいの音があった方が寂しくなくていいのかもしれません。
これが電車だったら
静かすぎて気持ち悪いかもしれませんね(^ ^;;
跨線橋上からはこんな風に見えていました。

ところどころの照明が暖かでいい感じです。
一応ベタなカットも。

座席車は減灯こそされてるようですが
カーテンは全開ですねw。
折り返しで乗ることになるであろう
キハ54も寝てますね。

まさにギンギラギン状態。
ホーム側の駅名板はこんな感じでした。

これは車内から撮った方が良かったかも。

色々とウロウロしていたら
利尻の発車時刻になりました。
さきのカーペット車を先頭にさらなる北・稚内に向けて出発です。

カーペット車、そして所定の編成と続きます。

賑やかなエンジン音がどんどん遠ざかり
静かな夜明け前の駅になりました。

一番列車までまだあと数時間(^ ^;;
音威子府滞在はもうちょっと続きます。

さらに次回につづく!
次こそ名寄か???
https://railrailrail.xyz/category/過去ポジ・深名線の旅・往路/

1994年7月
宗谷本線 音威子府
canonEOS5 EF20-35mmF3.5-4.5 USM

※深名線の模様はこちらから↓
https://railrailrail.xyz/category/過去ポジ・深名線の旅・本編/

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク