1995年の特急南風、アンパンマン列車登場前の姿

スポンサーリンク
過去ポジ・JR四国
スポンサーリンク

昨日寝台特急瀬戸で四国入りしたカットが出て来ましたが
その後四国内を旅行していたようです。
四国ならではの車両を見たい!
ということで
宇多津でお手軽に駅撮りしてました。

2000系の南風が瀬戸大橋を渡って宇多津に降りて来たところです。
登場からまだ10年も経っていない頃の姿。
国鉄時代からの181系はもう引退してしまっており
やってくるディーゼル特急は皆2000系、
という時代になっておりました。
反対方向岡山行きの南風も同様の編成でした。

最近の四国の特急というと
アンパンマン列車のイメージが強いのですが・・・
あ、これはのちに2008年に松山で撮ったものです。

このころはまだラッピング車両は登場しておらず
オリジナルの姿で往来していました。
この他社でいうところの
キロハの先頭形状がカッコ良くて
こちら側ばかり撮ってたようです。
↑のカットはポジを取り込んだものなので
ちょっとコントラストがアレ・・・。
もうちょっと見れるのないかいな?と探したら
やはり2008年に撮ったものがありました。

そうそう
こうやって2枚窓の大きさがわかるように撮っとかなきゃねぇ・・・。

今オリジナルカラーの2000形(このキロハ)は
あるんでしょうか?
最近見る写真見る写真みなアンパンマンだらけなもので・・・。
昨年2019年に後継となる2700系が登場しました。
南風はどんどん取り替えられていくんでしょうね。
なんとかこのオリジナルの姿
捉えるチャンスを作りたいところですが・・・。

1995年ころ
予讃本線 宇多津
おそらくcanonEOS5 EF28-105mmF3.5-4.5 USM
2008年12月29日
予讃本線 松山、山陽本線 岡山
RICOH caplio GX100

スポンサーリンク
過去ポジ・JR四国
スポンサーリンク
oridonをフォローする
RAILRAILRAIL

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク